ダーツ 【初級編】

初めてのダーツ―何点で取れればセンスある?

投稿日:2019年12月31日 更新日:

 

 

 

はじめに

 

最近大学卒業が見えてきて少し憂鬱になっているダーツ大好き学生のHazukiです…(笑)

 

私がダーツを始めたきっかけは友達に誘われてダーツバーへ行き、そこでセンスあるよと褒められたのがきっかけです。

 

今となっては何点取れていたか忘れたのですが(笑)

 

実際ダーツはセンスによる競技だと思っていてそれも個人差があります。

 

Bull(真ん中の赤と黒の部分)を量産、ダブルやトリプルを狙うのが得意な人であったりと実力の出方も様々です。

 

また、実力の出方も早咲き遅咲きと分かれます。

 

そこで今回は「初めてダーツをやってみて何点取れればどのくらいセンスあるのか?」を勝手ながら私の基準で解説していこうと思います。

 

これをカウントアップ・01ゲーム・クリケットという3つの主流のゲームの得点やスコアを通して解説していきます。

 

その上で最後にどんな人がダーツに向いている人かの特徴も解説します。

 

 

 

まぐれでも400点【カウントアップ編】

 

カウントアップとは8ターンで何点取れるかといった腕試しのようなゲームです。

 

このゲームでの基準は次の通りになります。

・250点~300点 →普通の人

・300点~350点 →ちょっと上手いね

・350点~400点 →筋がいいね

・400点~450点 →え、始めてだよね?

・500点以上   →…(こいつ絶対ダーツやってるよ)

 

この点数にはまぐれ、つまりBullを狙ったのに20のトリプルに入ったといったことも入っています。

 

ダーツ経験者なら1度はあるちょっと恥ずかしいやつですね(笑)

 

初心者の方にはありがちなことなので加味させてもらいます。

 

500点以上出せている人はもう天才ですのですぐにプロを目指すことをお勧めします。

 

400点を安定的に出せていればセンス大です!

 

 

 

スタッツ60超えた!【01ゲーム編】

 

スタッツとは、簡単に言うと1ターンの得点の平均のことです。

 

このゲームの基準は次になります。

・40~50 →普通の人

・50~60 →上手いね!(数本Bullに入っている)

・60~70 →え、やったことあるでしょ?(わりとBullに入る)

・70以上 →...(こいつ絶対ダーツやってるよ)

 

スタッツ60以上が出せている人は少なくとも5本中1本はBullを狙えているということになるのでかなり素質ありですね。

 

70以上を出せている人は真ん中を狙うのが相当得意ですね。プロを目指しましょう(笑)

 

1つ指標として1投の得点を10.5({最少得点1+最大得点20}÷2)であるということを頭に入れておくとプレイしやすくなると思います。

 

例として1ターン(3投)で1本Bullに入り続けたとすると、

10.5+10.5+50.5=71.5  

スタッツは71.5となります。

 

このような計算をしながらプレイすれば気合の入り方も変わってくるでしょう。

 

しかし、ダーツ経験者の方には実際違うだろって言われるでしょう。

 

01ゲームのスタッツの出方は計算方法があるため、仮に毎ターンBullを1本入れても71.5にはならないです。

 

詳しいスタッツの計算については今回は解説しません...

 

気になる方はこちらのブロガーさんの記事が分かりやすいのでぜひ見てみて下さい!

https://dj-kitty.com/dartslive_vs_phoenix/

引用元:キティブログより

 

まとめますと、スタッツ60を超えればセンス大です!

 

 

 

スタッツ1.5はすごい!【クリケット編

 

ここでのスタッツは1ターンで何本分的に入っているかということです。

 

スタッツ1.5を例にして言い換えると、

 

1ターンで3本投げて1.5本分的に入っているということです。

 

このゲームの基準は次になります。

・0~1 →普通の人

・1~1.5  →まあまあ狙えているじゃん

・1.5~2.0 →ま!?

・2.0以上 →...(こいつ絶対ダーツやってるよ)

 

1.5を超えてきたら素質ありですね。

 

2.0はきっちり狙えて入っています。プロを目指しましょう。

 

クリケットは見て分かる通り狙う場所が少ないですし、0点もありえるため非常に難しいゲームです。

 

0が続くとメンタルがボロボロに...(笑)

 

そのため、このゲームが得意な人は特に素質があると言えるでしょう。

 

トリプルを狙えるようになればBullも簡単ですからね。

 

クリケットではスタッツ1.5を出せればセンス大です!

 

 

 

ダーツを向いている人の特徴は?

 

最初にこれは完全に個人の意見となることはご了承下さい(笑)

 

参考程度に頭の片隅に置いておく程度で大丈夫です。

 

結論から言うとダーツに向いている人の特徴は以下の2つです。

・ノリが軽い人

・継続力がある人

 

これだけです!

 

なぜノリがいい人かと言うと、ダーツは入れば楽しいですが、その反面外せばかなりメンタルにくるため、神経質な人ほど落ち込むからです。

 

狙った所に入れようと的を狙えば狙うほど力が入って変な方向にとびます。

 

私の周りでも神経質な人ほどしっかり狙い、入らないイメージがしみつき嫌になってやめる傾向があります。

 

逆にノリが良く、陽気な人ほど外してもドンマイ!ドンマイ!みたいな感じであまり気にせずポイポイ投げます。

 

プロの方々もあまり力を入れずに軽く投げていますよね。

 

なので、ノリ良くリズムで投げている人ほど驚くぐらい成長が早いように思えます。

 

これともう一つ大事なのは継続力です。

 

簡単に想像できると思いますがダーツはサッカーやバスケのような複雑なテクニックなどありません。

 

そのため、練習してもただ狙った所に投げる作業なのです。

 

サッカーならシュート練習やリフティング、シザースやターンなどのドリブルといったいくつかの練習パターンがあります。

 

しかし、ダーツはただ投げるだけです!(笑)

 

途中で飽きる方続出です(笑)

 

なので、毎日投げても飽きないよーって言う方は言うまでもなく向いているでしょう。

 

 

 

さいごに

 

何度もしつこくて申し訳ないのですがこれは個人の意見なので参考程度に受け止めて頂けると幸いです。

 

今回は3つの基準と2つの向いている特徴を解説しましたが、これら全て当てはまる初心者の方なんてほぼいないでしょう(笑)

 

なので、ほとんどあてはまらないからと言って向いていないわけではなないです。

 

これらのどれか1つでも当てはまれば十分センスあると思うのでぜひマイダーツを買って練習していって欲しいと思います。

-ダーツ 【初級編】

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デートに行くならダーツでしょ!—おすすめな7つの理由

  目次1 はじめに2 ①男女で楽しめる3 ②花を持たせることができる4 ③協力プレイができる5 ④口下手でも安心6 ④デート代が安く済む7 ⑤バーに行けば静かな空間を作れる8 ⑥少し経験が …

no image

ダーツを始めよう!必要な物は?

目次1 はじめに2 準備はする物は?3 費用はどのくらい?4 ダーツのプレイ料金は?5 他に何か用意・知っておくことはある?6 さいごに はじめに こんにちは、ダーツ学生愛好家のHazukiです! ダ …