ダーツ

ダーツ初心者がまず目指すレベルとは?具体的な数値から解説

投稿日:2019年11月30日 更新日:

 

 

 

はじめに

こんにちは、ダーツをこよなく愛する学生のHazukiです

 

・今回はダーツを始めてみたけどまずは目標をどこにすればいいのか?

・どのレベルまでいけば経験者と言えるだろうか?

・どう練習すれいいのか?

 

といったダーツをこれから始める、始めたばかりの方向けの記事となっています。

 

これらを主な3つのゲームモードであるカウントアップ、01ゲーム、クリケットの数値を使って初心者の方が目指す点数を解説していきます。

 

そして、解説しておきながらここに出てくる解説は明確なものではありません。

 

ダーツには初心者・中級車・上級者といった各レベルの明確な基準は存在しません。

 

レーティングなどの指標はありますが定義がないため、個人によって基準も変わってきます。

 

そのため、この記事で出てくる数値などはあくまで私の経験(ダーツ歴5年)に基づいたものであり、個人の意見ということで参考程度にとらえて頂けるとありがたいです。

 

歴を見た通りまだまだ未熟者なので精進します(笑)

 

 

まずはカウントアップ500点【カウントアップ編】

ダーツ初心者が1番最初にぶつかる壁はカウントアップで500点を安定的に超えられるかではないかと思います。

 

今まで私の周りでダーツを始めた人の中でもカウントアップで500点を超えられるかの壁を乗り越えられずにやらなくなった人をたくさん見てきました。

 

ですので、今壁を乗り越えられたら自分はダーツが趣味なんだと自信を持って言えるでしょう!

 

最初から安定的に500点をだせるよって言う方は絶対に才能があります!プロを目指すべきです(笑)

 

次にカウントアップの説明と初心者の方が具体的に何点を目指すべきかを数値的に解説していきたいと思います。

 

カウントアップとは、簡単に言うと8ターン(1ターンで3投)でどれだけ点数を伸ばせるかというものです。

 

1ターンで3回投げるので ゲーム全体で3×8=24回投げることになります。

 

Maxで取れる点数は、180点(20のトリプル×3本)×8ターン=1440点

 

Bullのみを狙うと、150点(50点×3本)×8ターン=1200点となります。

 

これは完全なる腕試しモードのようなものです。

 

なので、500点ですと 500点÷8ターン=1ターンで60点後半となり、

 

1ターンで、3本中Bull1本とシングル2本を8ターン続けて取ればいい計算になります。

 

しかし、実際はシングルの平均値は10.5点となるので、1ターンで1本Bullに入ったとすると平均70点は取れることになります。

 

Bullに入らなかった1本の得点を10点とすると、

 

6ターン×70点(Bull1本とシングル2本)+2ターン×30点(シングル3本)=480点

7ターン×70点(  〃    )+1ターン×30点(   〃  )=520点

 

この計算からカウントアップでは8ターン24回投げる中で6~7本Bullに入れば500点を超えるということになります。

 

まずはこの計算を意識してカウントアップで6~7本Bullに入れることを目標に練習してみましょう。

 

 

01ゲームは701を10ターン以内にフィニッシュ!できれば上がり方も意識しよう!【01ゲーム編】

01ゲームとは、例えば501モードを選択した際、501点という点数を余すことなくフィニッシュするということです。

 

言葉で説明するとわかりづらいですね(笑)

 

1ターンで100点取っていくとすると、

1ターン目で100点→残り401点

2ターン目で100点→残り301点

3ターン目で100点→残り201点

4ターン目で100点→残り101点

5ターン目で残り101点をぴったり0にすればよいのです。

Bull50点+Bull50点+1点 でもよければBull50点+51点(17のトリプル)の最短2本でフィニッシュしてもいいわけです。

 

説明が下手なもので申し訳ないです(笑)

 

こちらによくわからなかった方のために実際にプロがやっている動画のn中で特に面白くてわかりやすい試合を貼っておきます。

 

解説では501を例に取りましたが、実際は301、501、701、901があります。

 

ちょっとした手作業を覚えれば1101、1501などや1234のように自分がやりたい数字からからスタートさせることもできます。

 

01ゲームの説明はここまでとさせていただきます。

 

次に具体的な数値から解説します。

 

結論から言うと初心者の方は10ターン以内に701をフィニッシュできるようになることを目指すべきだと思います。

 

なぜ701かと言うと、701はダーツの試合で最もよく使われるモードですし、何より練習するのに丁度いいんです(笑)

 

501だと短いですし、901以上だとちょっと長いです。

 

ダーツを練習されている方々も701でやっている方が多いので、最初から701モードで練習しましょう。

 

701を10ターンですと、単純に平均1ターン70点となります。

 

この数値は上記のカウントアップで表すと500点を安定的に取れているレベルにあたります。

 

しかし、実際のスコアは701を10ターンでフィニッシュしたとしても平均60~75点の間となるでしょう。

 

なぜなら、ダーツ台によって違いがあるのですがスコアの算出方法があるからです。

 

ここは複雑ですし気にしなくてもいいので解説はしません。

 

スコア算出方法に関して気になる方はこちらのサイトに分かりやすい説明があるので参考にして下さい。

 

ここで鋭い方は10ターンでフィニッシュはカウントアップで6~7本Bullに入ることと同じだから、上記のカウントアップの条件をクリアできれば01ゲームもクリアできることになると思うでしょう。

 

しかし、カウントアップで点数を積み上げるのと01ゲームで点数を削っていくのはプレッシャーが違います。

 

私は01ゲームで残り1投でフィニッシュといった場面でのプレッシャーはサッカーのPK戦くらい緊張します。←実はサッカー・フットサル歴11年(笑)

 

こう言うとサッカー選手から怒られますね(笑)

 

しかし、01ゲームはかなりのプレッシャーが伴うことを知っていただきたいです。

 

なので、カウントアップで500点を取れるからといって、01ゲームはいいやではなく、どちらもバランスよく練習することが大切です。

 

最後にこれはできれば意識してやるようにしてほしいことで、フィニッシュする際はダブルかトリプルかBullで終わるようにしましょう。

 

どういうことかと言うと、  

残り10点であれば、10のシングルではなく、5のダブル

残り6店であれば、3のダブルor2のトリプル

残り57点であれば、19のトリプルorシングルの7点を入れてからBull

といった終わり方をしましょう。

 

なぜなら、プロの試合でもこういう形式を取っており、知らない人同士で試合をする時も暗黙の了解で特にフィニッシュの条件を言わずもこういう形式を取るからです。

 

ですので、シングルでフィニッシュすることはあまりありません。

 

ここまでまとめますと、初心者の方はまず01ゲーでは、10ターン以内にダブルorトリプルor Bullでフィニッシュできるようになることを目標としましょう。

 

 

クリケットは15ターン以内にフィニッシュ!平均3本中2本分入ればOK【クリケット編】 

クリケットとは、簡単に言うと陣取り合戦です。

 

自分の陣地を取って点数を稼ぎ、相手の陣地を削って得点を稼ぐのを防ぐといった感じです。

 

得点源は得られる範囲は15~20とBullのみで、1か所に3本分(シングル3本orダブル1本+シングル1本orトリプル1本)で自分の陣地獲得です。

 

そして、4本目以降に自分の得点となります。

 

例えば20を狙うとすると、

1投目にシングルに入る→20に1本分で得点は0

2投目にトリプルに入る→合計4本分(1投目の1本分+2投目の3本分)で得点は20点

3投面にダブルに入る→合計6本分(1投目の1本分+2投目の3本分+3投目の2本分)で得点は60点

となります。

 

文章では解説が難しいので、わからなかった方はこちらの実際の試合を参考にして下さい。

 

狙える場所が限られているため、初心者の方には少し難しいです。

 

このモードが上手くできずに挫折してしまうことが多く、経験者の方もクリケットは苦手と言う方が多いです。上記の2つよりも難しいモードです。

 

しかし、裏を返すとこのモードを得意にしてしまえば他の人よりも1ランク上のプレイヤーになる近道となります。

 

では具体的な数値から解説すると、

 

15ターン以内にフィニッシュすること、3本中2本入るようにすることを意識しましょう。

 

単純に1ターンで2本分入れば、狙う場所は7か所あるので、2×7か所=14ターン目でフィニッシュとなるでしょう。

 

しかし、最初に言ったとおり、このモードは難しいために3本投げて1本も入らないということはざらにあり、計算通りにはなりません。

 

そして、それが何ターンも続くと嫌になります(笑)

 

なので、最初からトリプルを狙うのではなく、シングルに2本入れるように意識しましょう。

 

3本中1本でも入っているとメンタル面でもだいぶ変わってきます。

 

クリケットは1番メンタルに響くモードであり、良いイメージも悪いイメージも1番つきます。

 

なので、クリケットで大切なことはできるだけ入るイメージをつけることであるため、最初はシングルをしっかり狙えるようにし、3本投げて1本も入らないといった悪いイメージをつけないようにしましょう。

 

初心者の方は、最初はシングルを狙って3本中2本入ることを意識して練習し、まずは入るイメージをつけましょう。

 

その基礎さえ身につければトリプルを狙うこともすぐにできるようになるでしょう。

 

こちらも面白いかつ分かりやすい動画を載せておきますので見てください。

 

まとめ

最後にまとめますと、初心者の方は

・カウントアップは500点

・01ゲームは10ターン以内にダブルorトリプルor Bullでフィニッシュ

・クリケットと3本中2本

これを意識して練習するとよいでしょう。

 

この条件をクリアできた方はもう初心者ではありません!

 

このレベルまでくると友達何人かと行くとちょっとちやほやされるという特典はつくので頑張りましょう(笑)

 

そして、中級者のステージに上がって更なる成長に励みましょう!

-ダーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

趣味が欲しい人にダーツがおすすめの7つの理由

目次1 1.お金があまりかからない2 2.意外とすぐ上手くなれる3 3.男女で楽しめる4 4.「行きつけの」場所ができる5 5.活躍できる場所が結構多い6 6.1人で静かに楽しむことも仲間を見つけるこ …

僕がおすすめするダーツにおけるスランプを脱出する方法

    目次1 はじめに2 ①メモを取る(やって良かった)3 ②音楽プレイヤーにダーツの音を入れる(やってよかった)4 ③練習量を減らす(やって良かった)5 ④朝活する(やって良か …

ダーツのレベルとは?-5段階で分けてみた

目次1 はじめに2 【レベル1初心者】3 【レベル2初級者】 4 【レベル3中級者】5 【レベル4上級者】6 【レベル5プロ】7 【レベル6!?トッププロ】 はじめに こんにちは、ダーツ大好き学生のH …

ダーツをする上での知っておくべきマナーは?-良い悪い合わせて9項目

  目次1 はじめに2 ①大声を出さない3 ②スローラインより前にいかない4 ③野球投げ・スローライン以外の場所から投げる5 ④待っている時は投げている人の後ろまたはイスがあれば座って待つ6 …